涙色のパラドックス

日々のダラダラ雑感をあなたの暇つぶしに添えて

シーツの穴と買い替えと違和感は慣れる

 

仕事から帰って部屋に行くと、僅かに開いていたドアの隙間から侵入したらしい猫が僕の布団のシーツをシャクシャクと噛んでいた

 

やめんかこのケダモノの畜生めがッ!!

 

と僕が猫を振り払うと猫は

 

は?なんスか?www

 

といった感じの悪びれもしない態度で部屋からトコトコと出ていった

 

僕が噛まれたシーツの状態を確認するとシーツは猫によって噛み千切られ、一部に綺麗な丸形の穴が空いていた

 

くっ…なんてことだ…

 

噛み千切られたのはごく一部で、シーツとしての機能が失われたわけでもないのでまだまだ全然使えるのだが、なんていうかすごく残念な気持ちにさせられた

 

こういう衣類に空いた穴とか、何かが跳ねてついたシミみたいなのって気にしだすと際限なく気になってくるのは何故なんだぜ?

 

僕は部屋で動画を見たりしながらも、その空いた穴が気になって意味もないのに何度かしつこくその穴を確認した

 

別にこのまま使い続けてもいいのだが、このぽっかり空いた穴がどうにもみすぼらしくていけないぜ…

 

よく見ると布団のシーツは敷布団の物も掛け布団の物も全体的にへたってきている感があったので、これを機に買い替えてもいいかもしれないと思った

 

f:id:amenominakanushi:20210517195031j:plain

 

翌日、さっそく僕は仕事帰りにショッピングモールに寄って寝具が売っていそうな店を適当に見て回った

 

そのうちエスニック調の雑貨や小物なんかを売っている店に布団カバーが置いてあるのを見つけ物色してみた

 

エスニック柄特有の様々な色を使って彩られた華やかなデザインは一見派手で僕の好みではなかったが、不思議と興味を引かれた

 

ふーん、イカじゃん?

 

紺とかグレーとか無難な感じの物を買おうと思っていたけれど、たまにはこういうイカナウいものを買ってみてもいいかもしれないなという気になった

 

値段はその辺に売っているシーツと比べるとだいぶ高めではあったが、その分布は厚手でしっかりしていそうだったし、寝具のようなよく使うものには金はケチらないほうがいいだろうと思い購入を決めた

 

ついでにたまには服も買うかと同じ店で売っていたTシャツも購入した

 

サーモンピンクのやつな!w

 

 

家に帰って猫が噛みちぎったシーツと新しく買ってきたエスニック柄のシーツとを一式交換してみたが、なんかこう…「ん…?」となった

 

なんか…違和感がすんごい

 

例えるなら煎餅とか大福が並んでいる和菓子のコーナーに急にショートケーキがポンッと並んでいたような異物感がある

 

色とりどりの華やかで艶やかな色のエスニック柄のシーツは地味で殺風景な僕の部屋の中では異彩を放ち、明らかに浮いていた

 

うーむ

 

なんで…

 

なんでこのシーツを買ったんだろう?

 

 

今の僕には小一時間前の自分の行動が理解できぬ

 

 

あの店のエスニックな雰囲気にあてられたのだろうか

 

人間はその場のノリとか衝動でたまによくわからんことをするような気がする

 

百歩譲ってシーツの方はまだいいとしてもこのサーモンピンクのTシャツは一体なんだ?

 

こうして袖を通して家の鏡で見てみるとコレジャナイ感が半端なかった

 

 

お、お店で着てみた時はすごくハイカラでいい感じに見えたんだけどな…

 

今こうしてみると…な、なんか勘違い野郎感がすごいぜ…?

 

このTシャツがどうこうというよりサーモンピンクは僕のキャラに合っていないような気がする…

 

 

(´・ω・`)なぜ買ったし

 

 

僕の心に先ほどまであったおニューの物を買ってきたという充足感は一気に薄れ、代わりに「買い物に失敗した感」と言う名の虚無感とか敗北感のようなどんよりとした感情が渦巻いてきた

 

いや…

 

いや。

 

まだ失敗したと決めつけるにははやい

 

 

そうだ、僕はまだこのおニューのTシャツやシーツを「見慣れていない」だけなのだ

 

例えば「黒マスク」

 

コロナ禍前、平時でも黒のマスクを着けている人をたまーに見かけることがあったが違和感が半端なかった

 

なんていうかこう、時代錯誤のツッパリ感というか、とにかくすごく異端な感じがして黒のマスクを着けている人にはなんとなく近寄りがたいオーラのようなものを感じたが、コロナ渦でマスクが必需品となり、皆が続々とマスクを着用するようになって黒いマスクを着用する人も一気に増え始めてからはどうだろう

 

すっかり見慣れてしまい、それが当たり前になるとコロナ渦前に感じていた違和感はどこかへと消え去り、黒のマスクはもはや自然なものとなっていた

 

最近では花柄やドット柄などいろいろなデザインのマスクを着用している人も普通に見かける

 

どれもコロナ禍前に見かけていたら

 

「頭ハッピーセットかぁ?」

 

などと思っていたかもしれない

 

最初にどれだけ違和感を感じ異端に思っても、それが日常になってしまえば人間はそのうち必ず慣れてくるものだ

 

つまり、僕の選んだこの変なエスニック柄のシーツもサーモンピンクのTシャツも臆することなく使い続けていればいずれは見慣れて自然なものとなるのだろう、多分、きっと、おそらく

 

今はまだ僕の潜在意識がこの新しい者たちを受け入れきれていないだけなのだ!(キリッ

 

(´;ω;`)失敗してない…失敗してない…失敗してないもん…

 

 

・アニメとかでも最初に「このキャラにこの声優はねぇよwww」とか思っても数話も見れば慣れるよね