涙色のパラドックス

日々のダラダラ雑感をあなたの暇つぶしに添えて

「ガン無視療法」と慢性腰痛の克服

 

昔買って使っていた湿布や鎮痛スプレーが出てきたので母にくれたった

 

「別に要らない」と言われたが

 

「結構高いやつだから!」(?)

 

と、逆ギレして押し付けた

 

この湿布やスプレーは一時期僕が「腰痛」を患っていた時に使っていたものだ

 

今はもうすっかり治ってしまったので必要なくなったのだ

 

腰痛を患っていた時は深刻に「これもう治らないのだろうか…」と不安な気持ちになって気分が落ち込んだりもしたが、喉元過ぎればなんとやらというやつで今は「そんなこともあったな」と思うのだから人間は結構単純だ

 

f:id:amenominakanushi:20210224142306j:plain

 

仕事で何かの部品だかが入っている大量の段ボールを倉庫に運んでいる時のことだった

 

何度も何度も結構重い段ボールをせっせと運び、残り2,3個というところで残りの段ボールに手をかけて持ち上げようとすると腰に

 

ビキィ!

 

といった感じの痛みとも違和感とも取れる強い衝撃を感じた

 

(やっちまったのか…!?)

 

と思ったが、かなりの痛みはあれど別に動けないというわけではなく、恐る恐る腰を庇いながら残りの作業を終わらせた

 

翌日も痛みは残ったが、湿布を貼って過ごしているうちに痛みは消えていったので筋かなんかを痛めただけだろうとその時はそう思って特に気にはしなかった

 

作業の時に出た痛み自体はしばらくすると消えたが、しかしそれからというもの、重いものを持ったり腰に負担のかかる作業をすると、今まではなかった鈍い痛み、違和感のようなものが腰に出るようになった

 

あの作業の時に痛めたのが原因なのだろうか、湿布をしたりスプレーをしたりして対応したが、あまり効果があるようには思えなかった

 

それから腰痛を感じる頻度は次第に高くなっていき日常生活のささいな動きでも腰に痛みや違和感のようなものを感じることが多くなった

 

日常生活に支障がある…というほどではなかったが、痛みが煩わしいし、何か深刻な原因があるのかもしれないので整形外科で診てもらうことにした

 

知り合いは「整形外科に行っても、レントゲン撮ってロキソニン渡して終わりだぞ」と言っていたが、実際行ってみるとほんとにその通りなのでちょっと笑った

 

しかしレントゲンで撮って見ても骨などにこれといった異常は見つからなかったし、腰痛と一口に言っても痛みの原因は生活習慣や心因的なものまで様々なので、特別な異常がない限り整形外科もこれといった対処のしようがないのだろうなと思った

 

ロキソニンを飲んでみたが、まぁそれで治るはずもなく、僕はすっかり「慢性腰痛」を患ってしまっていた

 

それから自分でマッサージやストレッチをしてみたり、筋トレをしてみたり、自宅でできる鍼やお灸なんかを買ってきて使ってみたりと色々試してみたが、どれも根本的な解決にはならず「慢性腰痛」は日に日にひどくなっていくような気がした

 

なにをするにも煩わしい鈍痛がついて回って気が滅入り、「どうしたら治るのだろうか」とふさぎ込んだが、それでもあきらめずに腰痛の本を読んだりネットで腰痛のことをしつこく調べたりしていると僕の腰痛の原因と言うか、対処法のようなものが少し見え始めてきた気がした

 

まず、僕の腰痛の原因はおそらくは「心因的」な物が原因なのだろう

 

あの作業の時に出た痛みは本当に筋かなんかをちょっと痛めただけで、それ自体はとっくに完治しているはずなのだ

 

しかし僕の深層心理にはあの時の痛みと衝撃が強く恐怖としてインプットされてしまったのではないか

 

そして腰に負担がかかるたびに

 

(´・ω・`)「また痛みが出たらどうしよう…」

 

と無意識のうちに身構えるようになってしまったのだろう

 

それが余計な不安や緊張を生み、腰の筋肉を委縮させ、血行が悪くなり、その結果鈍い痛みが生まれているのではないか

 

そうして腰痛が慢性化してくると、痛みに対する不安や緊張は更に強くなり、何でもないような動きでも「腰を痛めたらどうしよう」という強迫観念のようなものさえ感じるようになり、負のスパイラルに陥り、慢性腰痛は悪化していくのだ

 

僕は今この負のスパイラルの中にいるのだろうなと思った

 

というか、慢性的な腰痛で悩んでいる人のほんとんどがこういう心因的なものが原因なんじゃないだろうか

 

この負のスパイラルを断ち切る方法はひとつしかねぇぜ…

 

 

 

「無視」する!!

 

 

 

痛みが出ようがなんだろうが徹底的に腰痛を「無視」する!

 

 

もう「ガン無視」!

 

 

僕が悩み、色々試し、Fランブレインを駆使して出した対処法はこれだった

 

いちいち腰痛を意識し、痛みに取り合うから負のスパイラルから抜け出せず、むしろどんどん悪くなっていくのだ

 

原因が心因的な物ならば、体、というか腰自体に異常は無いのだから多少痛もうが無視してしまえばいい

 

例えば変な奴が前から歩いてきて

 

「ウェーーイwww」

 

と絡んできたとして、そいつにいちいち取り合うだろうか?

 

大抵の人は目も合わせず、徹底的に無視して関わり合いを避けるだろう

 

心因的な、慢性的な痛みと言うのはその変な奴と同じだ

 

相手にするからつけあがって余計に絡んでくるのだ

 

変な奴への対処法はたった一つ、断固無視なのだ

 

 

そうして僕は腰痛を徹底的に無視した

 

多少痛んでも、それを態度にも仕草にも口にも一切出さなかった

 

マッサージやストレッチをしたり、湿布を貼ったりという行為も一切やめ、腰痛の事を調べたりするのもやめた

 

まるで腰痛など最初から無かったかのように特別なことは何もせず、断固徹底してガン無視を貫き、普通に日常生活を送った

 

もういちいち痛みに振り回されるのが面倒になったから、あきらめとか、開き直りの境地でそうしたというのもあるが、しかしこれが何より効果があった

 

痛かろうが痛くなかろうが、ガン無視して過ごしていれば痛みなんてあってもなくても関係なくて、ほんとうにだんだんどうでもよくなってくる

 

そうしてしばらくすると以前は腰が痛んでいた場面でも痛みが出なくなってきた

 

と言うより、もう痛みが気にならなくなってきた…というほうが正しいだろうか

 

そうしてそのガン無視の習慣を積み重ねた結果、僕の慢性腰痛はいつの間にか過去の物になっていた

 

今では

 

「そんんこともあったなぁ」

 

と他人事のようにそう思うくらいに腰痛は治っている

 

 

「病は気から」というのは本当だと思う

 

 

精神が肉体に及ぼす影響と言うのは良くも悪くも計り知れないものがある

 

ちょっとした精神への影響が、肉体にありもしない痛みや不調を生むこともあれば、最悪その人を殺すこともあるかもしれない

 

しかしその反面、意志の力で肉体に良い変化を与えることだってできるのだ

 

f:id:amenominakanushi:20210224145202p:plain

 

時々、腰痛の人を見て

 

「ジジィかよwww」

 

などとバカにしている輩がいるが

 

(´;ω;`)「バカにするでねぇ!」

 

(´;ω;`)「腰痛をバカにするでねぇ!」

 

腰痛は老若男女関係なく二足歩行の人間が背負った宿命なのだ

 

他人の腰痛を笑うものは「ギックリ腰」になる呪いにでもかかったらいいのだ

 

もう二度と腰痛を笑えなくなるだろう

 

 

・気を付けようね…

 

・中腰で重い物持ったりしないように気を付けようね…

 

・くしゃみとかのちょっとした衝撃でもギックリ腰になったりすることもあるらしいから気を付けようね…

 

 ・僕はガン無視療法で腰痛を克服したけど、痛みの原因がハッキリしないうちは無理なことはせずキチンとお医者さんに相談しようね…

 

 

「慢性腰痛」には気休めにしかならないかもだけど肩こりとかには凄い効いた現代のエリクサーたち👇